BLOG

テレワークやコミュニケーションについて
考えてみました

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ネットワーク
  4. 次世代の通信システム ローカル5Gとは?

次世代の通信システム ローカル5Gとは?

次世代の通信規格「5G」の中でも注目を集めているのが、新しい通信システム「ローカル5G」です。企業や自治体で運用されており、従来の通信エリア外でも運用可能なローカル5Gは、さまざまな実証実験によってその有用性が明らかになってきています。今回は、ローカル5Gが実際にどのように活用されており、今後の産業をどのように発展させていくものなのか、解説します。

次世代通信「5G」

近年、大きな注目を集めている5G(第5世代移動通信システム)。これは「高速・大容量」「高信頼・低遅延」「多接続」といった特長をもつ次世代の通信規格です。

5Gの活用によって、大容量のデータのやり取りが短時間で可能になり、低遅延なので遠隔操作の精度も向上。さらに、同時に接続できる端末数が4Gと比べて数十倍に増加するなど、5Gには多くのメリットがあります。

日本では2020年春から商用サービスが開始されており、個人利用のみならず、これまで実現できなかったIoT化や、4K・8Kの高画質ライブ配信など、さまざまな産業への応用が期待されています。

ローカル5Gとは?

5Gは通信事業者が展開するものですが、「ローカル5G」は違います。ローカル5Gは、地域の企業や自治体が、自社の敷地内などの限られた場所でのみ利用できる5Gの無線ネットワークを、独自に構築・運用することをいいます。5Gの低遅延・多接続といった特性を生かしながら、企業のニーズにあわせた通信環境を構築できるため、製造業をはじめ、建設現場や農業、地域の自治体などでもIoT化の実現を後押しするシステムとして注目が集まっています。

さらに、ローカル5Gは外部の影響を受けにくいのも特徴です。災害時や大規模なイベントがあった場合、多くのユーザーがキャリアの回線に集中し、ネットワークが混雑して接続が困難になる可能性があります。そこでローカル5Gを活用すると、通信事業者が提供するネットワークとは別の周波数帯域を占有し、運用できるため、混雑することはありません。不具合があった場合も自社でメンテナンスを行えるため、すぐにネットワークを復旧できます。また、通信事業者によるエリア展開がすぐに進まない地域であっても、独自に5Gシステムを構築・利用することができるのもローカル5Gの特徴です。

多くの企業がローカル5Gに注目するワケ

現在、さまざまな企業がローカル5G事業に何らかの形で参入しています。その大きな理由としては、まず自社のネットワーク内にある情報が流出しにくいことが挙げられます。ローカル5Gは、特定の場所でのみ使用でき、外部のネットワークを遮断できるのです。さらに、企業にフォーカスしたネットワーク性能を柔軟に構築できることも、理由の一つです。5Gの「超高速・超低遅延・同時多数接続」という特徴のうち、どれを重視するかを設定可能なことは、大きな魅力と言えるでしょう。

ローカル5Gは、すでに多数の企業で活用されています。ここでは、国内企業におけるローカル5Gの活用事例をご紹介しましょう。

東日本電信電話株式会社
複数台のトラクターを遠隔地から監視制御することで、自動運転を実現しました。5Gは多接続かつ低遅延であるため、遠隔操作でもトラクターの停止距離を短くし、安全な制御を可能にしました。これにより、農業従事者は悪天候でも自宅などからの安全な状況把握が可能に。さらに今後は、新規就農者の減少による労働力不足や、高齢化による生産力の低下といった課題の解決が期待されています。

株式会社NTTドコモ
水中ドローンの遠隔操作によって、カキ養殖の生産性向上が期待されています。5Gの特徴である超大容量通信の活用によって、高精細のライブ映像で海中の状況を正確にチェックできるようになりました。また、ドローンに取り付けられたセンサーで、海面養殖上およびその周辺の環境データを総合し、リアルタイムで分析することも可能になりました。

トヨタ自動車株式会社
ローカル5GによってMRシステムを無線化したことで、従来よりも作業者の移動範囲や動作範囲が広がりました。さらに、熟練技術者による遠隔での作業姿勢・配線方法などの指導で、時間や移動費用の削減が可能に。また、5Gの大容量通信を活用し、MRシステムで組付部品の3Dデータを現場作業者の視界に再現することで検討漏れがなくなり、品質向上にもつながりました。

今はまだ活用事例は多くないものの、広く期待を集め、注目度が高いローカル5G。通常業務の効率化はもちろん、ローカル5G汎用化への過渡期である今でこそつかめるビジネスチャンスも多くあり、今後も目が離せません。

まとめ

・ローカル5Gにより、企業・自治体のニーズに合わせた通信環境の構築が実現
・ローカル5Gは閉じたネットワークのため、セキュリティ性が高い
・ローカル5Gを活用した産業の効率化・自動化が、大手企業を中心にすでに進みつつある

関連記事