BLOG

テレワークやコミュニケーションについて
考えてみました

  1. HOME
  2. ブログ
  3. Web会議
  4. Teamsの画面共有でゲスト参加者と資料を共有する

Teamsの画面共有でゲスト参加者と資料を共有する

会議に外部ユーザーを呼ぶ:会議の主催者

予定表から「新しい会議」を設定します。外部ユーザーを招待する時はゲストのメールアドレスを入力します。

右上の「送信」をクリックすると「必須出席者」に対して会議の招待が送られ、各自の予定表に設定した会議が表示されるようになります。

外部ユーザーが会議の案内を受ける:会議の参加者

外部ユーザーとして入力したメールアドレス宛に会議の案内が届きます。出席する場合は「はい」をクリックして、会議の主催者に知らせましょう。

会議の時間になったらメールの文中にある「Microsoft Teams会議に参加」をクリックします。

外部ユーザーが会議に参加する:会議の参加者

Webブラウザが起動し、以下のような画面になるので、Teamsアプリをインストールしない場合は「このブラウザで鵜づける」をクリックします。(※ Teamsアプリのインストールは必須ではありません)

「名前を入力」欄に参加者名を入力し、「今すぐ参加」をクリックして、テレビ会議に参加します。(※外部ユーザーのメールアドレスがMicrosoftアカウントに登録されている場合は「名前の入力」は不要です。)

外部ユーザーが会議の設定をする:会議の参加者

カメラのオン・オフとで顔を出すか出さないか、マイクのオン・オフで音声を出すか出さないかを設定できます。屋外から参加する場合は、話すとき以外はマイクをオフにした方がよいでしょう。※ブラウザ版・AndroidなどのスマホのTeamsは背景をぼかす機能に非対応なため、背景を変更することはできません。

デバイスの複数のカメラやマイクがある場合は「デバイス」から選択ができます。

外部ユーザーが参加を許可する:会議の主催者

外部ユーザーが会議に参加すると、会議の主催者に参加の許可を求めてくるので 、招待 している人であることを確認して「参加許可」をします。

これでテレビ会議に参加することができました。「会議チャット」を使うと、テレビ会議をしながらチャットができます。大人数の会議での発言や込み入った情報を正確に伝えるときに使いましょう。

テレビ会議で画面を共有する:会議の参加者

自分の画面を他の参加者に見せたい場合は「デスクトップを共有する」をクリックして、共有する画面 を選択 します。

会議を終えたら「切断」ボタンを押して終了します。

関連記事