テレワークグッズ大集合

テレワークに必要なものからあると便利なものまで

テレワーク関連商品あつめました。

新型コロナウイルスの感染拡大に対する備えとして従業員を在宅勤務させる企業が急増しています!
しかし、これまで在宅勤務やモバイルワークなどのテレワークをしていなかったために急遽テレワークにつかう機器をそろえなければならないお客様も多いハズ。
そこでハイパーおすすめのテレワークをするにあたって導入すべき機器をまとめてみました!

注意点

テレワークはBCP対策だけでなく働き方改革に有効な手段として多くのメリットがありますが、まだ導入企業が少ないのが実情。緊急措置としてテレワークに取り組む企業が急増していますが、様々な課題や気をつけたいポイントがあります。
・仕事とプライベートのメリハリが付けづらい
・労働時間の把握が難しくついつい長時間労働になりがち
・社員間のコミュニケーションが取りづらい
・メンバーの評価がしづらい

ハードウェア

モバイルノートパソコン

まずはコレ。テレワークは会社の外でお仕事をするのでモバイルパソコンが無ければ始まりません。モバイルパソコン選定のポイントは、重さとバッテリー駆動時間。コンセントのない場所で仕事をすることもあるので出来るだけバッテリ駆動時間の長い機種がおすすめ。USB Type-Cで充電できる機種は他の様々な機器とACアダプタが共有できて便利。

hp_Elite_Dragonfly
EPSON Endeavor NA520E
VAIO Pro PG 13.3インチ VJPG111GAL2B
Microsoft Surface Pro 7

 Panasonic Let’s note SV8
Lenovo ThinkPad X1 Carbon (2019)

タブレット

タブレット端末のメリットは長時間バッテリ駆動と薄型軽量な本体、手書き入力など。カバンから取り出してさっと使える機動力はノートパソコンにはない魅力です。

Apple iPad Pro 11 (2018)
Apple iPad 10.2 (2019)
ロジクール SLIM FOLIO PRO iPad Pro 11インチ対応

スピーカーフォン

ノートパソコンのスピーカーマイクは簡易的なものが多く複数で会議をするのは難しいかもしれません。3~4人程度の小規模ミーティングにはスピーカーフォンを活用しましょう。

Jabra 会議用スピーカーフォン SPEAK510 100-4300000-40
サンワサプライ WEB会議小型スピーカーフォン MM-MC28
ヤマハ ユニファイドコミュニケーションスピーカーフォン YVC-300

Webカメラ

お手持ちのノートパソコンにはWebカメラが内蔵されていますか?もし内蔵されていなければ外付けタイプのWebカメラを購入しましょう。手ごろな値段のものでもWeb会議には十分。小規模ミーティングの時は広角レンズがついたカンファレンスカムをつかうとミーティング参加者全員をきちんと映せます。

ロジクール 一体型カンファレンスカム MEETUP Meet-up
ロジクール HD Webカメラ C310N
ロジクール フルHD Webカメラ C920N HD PRO

ヘッドセット

Web会議をする際にWebカメラとともに必須アイテムなのがヘッドセット。Web会議の相手の音声が周囲に聞こえるのを防いだりパソコン内蔵のマイクよりもクリアな音声で相手に話すことができます。

Jabra Engage 65 ワイヤレスヘッドセット
Jabra Evolve 20 USB有線ヘッドセット
エレコム USBヘッドセット HS-HP20UBK

プライバシーフィルター

テレワークには在宅勤務だけでなくカフェなど公共の場所でのモバイルワークも含まれます。そんなとき隣の人からパソコンの画面をのぞき見されたら。。。プライバシーフィルターを活用することで余計な心配がいらなくなり、安心して仕事に集中できるようになります。

3Mプライバシーフィルター
エレコム iPad用プライバシーフィルター
サンワサプライ プライバシーフィルター

その他

ほかにもテレワーク(在宅勤務・モバイルワーク)をするのに便利なグッズはいろいろあります。

USB Type-Cケーブル
Anker 大容量モバイルバッテリー
USB Type-C対応AC充電器
インナーケース
ビジネスリュック
Bluetoothワイヤレスモバイルマウス
ThinkSmart Hub 500 (オンライン会議システム)

ソフトウェア・SaaS・サービス

ビジネスチャット

テレワークをしていると顔が見えない分こまめなコミュニケーションが重要です。メールでは挨拶文など無駄な入力が多くなり煩わしいもの。ビジネスチャットによって効率よく円滑に社員同士のコミュニケーションが取れるようになるでしょう。

Chatwork
LINE WORKS
Microsoft Teams

Web会議

ビジネスチャットによるテキストベースの非同期コミュニケーションは相手の時間を気にせず気軽に行えますが、テレワーク中といえども顔を合わせた打ち合わせも重要です。

zoom
Cisco Webex Teams
ジャパンメディアシステム LiveOn

リモートアクセス

どうしても社外に持ち出せないデータや社外から直接アクセスできないシステム。これらはリモートアクセスツールによって安全に会社の外からデータやシステムにアクセス可能です。しかも簡単でとても安価に導入できるのが特徴。

マジックコネクト
Remoteview
SPG-Remote (ビットブレイン)

クラウド型勤怠管理ツール

オンプレミス型の勤怠管理ツールや紙ベースでのタイムカードでは社外での勤怠管理が煩雑になってしまい、正確に従業員の労働時間が把握できなくなってしまいます。クラウド型であれば社外のどこにいても、パソコンやスマートフォンなどのデバイスで勤怠打刻や勤怠管理が可能になります。

ネオキャリア jinjer
Donuts ジョブカン

オンラインストレージ

安全にどこからでもアクセスでき様々なデバイス間でシームレスにデータの共有ができるオンラインストレージ。社内のファイルサーバにデータを置いている場合、外部から社内ネットワークにアクセスできないと仕事になりません。

Dropbox
Microsoft OneDrive

その他

ほかにもモバイルデバイス管理ツールやWeb電話帳、クラウド型経費精算システムの導入をおすすめします。特にWeb電話帳は従業員にスマートフォンを支給している場合電話帳やコミュニケーションツールを一元管理できるようになりますので必ず導入しましょう。

mobiconnect (モバイルデバイス管理)

Phone Appli 連絡とれるくん (Web電話帳)
ラクス 楽楽精算 (クラウド型経費精算)
iTuter (マニュアル作成ツール)
MAJOR FLOW Z (ワークフローシステム)
まとめ

ツールの導入のみならず、テレワークを行った従業員がどのように感じているか、業務がスムーズに行われているか注意しながら導入を進めましょう。
ここで紹介したハードウェアやサービスなどを導入することでテレワークを始めることはできます。しかしこれまで会社から離れた場所で仕事をすることに慣れていない場合、コミュニケーションや組織、文化、人事評価などの課題に必ず直面します。業務や職種によってはテレワークに向かない、もしくはかえって業務効率が落ちてしまうといったケースも。

テレワークのこと、なんでもお気軽にご相談ください! 「Zoom」を使ったオンライン商談となります。まずはご入力いただきましたメールアドレス宛にメールでご連絡差し上げます。

テレワークを始めるにあたり役立つ情報を集めました。

就業規則やセキュリティなど、テレワークを整備するときに参考になる資料はこちら!