BLOG

テレワークやコミュニケーションについて
考えてみました

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ビジネス全般
  4. ウェアラブルデバイスの実態を探る

ウェアラブルデバイスの実態を探る

ウェアラブルデバイスとは、PCやスマホなどとは異なり、身につけて使うデバイスのこと。Apple Watchをはじめとするスマートウォッチもその一つですが、スマートウォッチはもはや馴染みのものになってきましたね。ここでは、そのほかのウェラブルデバイスにはどのようなものがあり、どのように利用されているのかを見ていきましょう。

ウェアラブルデバイスの特徴

ウェアラブルデバイスの発展は、CPUやメモリをはじめとしたPC部品の小型化が進んだことで実現しました。

主なウェアラブルデバイスとして、手首にはめる時計型のスマートウォッチ、メガネのようにかけるスマートグラスが挙げられますが、このようなウェアラブルデバイスはどのような場面で利用されているのでしょうか。

スマートウォッチ
腕時計型やリストバンド型のデバイス。スマートフォンと連動して電話やメッセージの受信通知を受け取れるほか、スマートウォッチ自体での通話が可能な機種もあります。

さらに、電子決済機能を持つものや、活動量・心拍数などを計測するヘルス機能に特化したタイプも開発。現在はプライベートで使う人が多い印象ですが、出張の多い業種などではビジネスユースも広がるかもしれません。

スマートグラス
メガネ型のデバイスです。ゲームなどでVR(仮想現実)やAR(拡張現実)を楽しむものとしてよく知られていますが、さまざまな産業分野でも活用されています(スマートグラスの詳細は後述)。

ウェアラブルカメラ
頭やポケットなどに装着して使うカメラ。バラエティ番組などのレポートや、スポーツ選手などに取り付けているものを見かけます。激しく動く人の視点での画像、映像が撮影可能なものです。

ウェアラブルイヤホン
イヤホンがウェアラブルなのは当たり前のことですが、心拍数測定や姿勢判定ができるものが開発されています。このような多機能なイヤホンは、ウェアラブルデバイスと呼んでもよさそうです。

スマートウェア
あまり一般的ではありませんが、心拍センサーを備えたウェアも登場しています。スポーツや医療の現場での活用にも期待したいですね。

スマートグラスのビジネス利用

上記のとおり、さまざまなタイプのウェアラブルデバイスが各メーカーから販売されており、その機能は日進月歩で進化しています。中でも注目したいのは、スマートグラス。その理由は、産業分野での利用範囲が広く、あらゆる場面で使われるようになっていることにあります。

スマートグラスは、メガネやゴーグルにかけると目の前に大きな画面が広がる仕組み。エンターテインメント分野では、映画や劇場、アミューズメントパークなどでAR(拡張現実)を楽しんだり、字幕や多言語表示を表示させたりして利用されています。さらに近年は、製造・建設・物流・医療などの幅広い分野で利用されており、その注目度は上がる一方です。

ここでは、EPSONの「MOVERIO」の機能を例に、スマートグラスが具体的にどのような場面で利用されているのか確認してみましょう。

製造業
新人の従業員がスマートグラスをかけて作業しているときに、遠隔地にいるベテラン従業員がフォローすることができます。万が一トラブルが生じた場合、管理者がその場にいなくても即時対応が可能なので、ダウンタイムの低減につながります。

さらに、スマートグラスの画面にマニュアルを表示させることで、時間のロスの削減も期待できます。マニュアルや作業指示書を参照する際、手が塞がれ、視線がマニュアルと作業箇所を行ったり来たりするなどといった、不便なシチュエーションも改善されるでしょう。

建設
人材不足に悩む建設業界でも、遠隔で監督者が現場を指導できます。作業者が悩む場面では、自分の目が見ているものと同じものを離れたところにいる監督者に見せ、その場で指導を受ける、というようなことも実現するのです。

流通
在庫管理や新人研修などが遠隔で行えます。実際に、イベントなどでの物販で、お客様の列を見て商品を追加搬入するというようなことにも利用されています。

医療
コロナ禍で、遠隔医療を余儀なくされている場面も増えてきています。このときスマートグラスを活用すれば、医師が患者の近くに行けなくても、看護師が患者に電子聴診器を当ててそのデータで医師が診察をすることが可能になります。

また、ベテラン医師が遠隔で指示やフォローをしながらの手術の実施も実現します。

ほかにMOVERIOが使われている場面

以上の産業分野以外でもさまざまな場面でスマートグラスが取り入れられて、今後の可能性は無限に広がりそうです。ユニークな事例をピックアップしてご紹介します。

学習施設
博物館などの子ども向け学習施設で、標本や展示をスマートグラスに表示させるクイズなどを実施。子どもにさまざまな分野に興味を持たせ、より深い理解につなげています。

聴覚障がい者向け映画上映

聴覚障がいをもった人にも映画を楽しんでもらえるよう、字幕をスマートグラスに表示することができます。字幕表示を付けた上映会も行われていますが、スマートグラスを使うことで、聴覚障がい者が映画を観る機会を増やすことができます。

農業指導
高齢化が問題になっている農業分野では、若い作業者にスマートグラスをつけてもらい、遠隔でベテランの技を指導しています。

参考:https://www.epson.jp/products/smartglasses/

まとめ

・ウェラブルデバイスはスマートウォッチ、スマートグラス以外にもさまざま発売されている
・スマートグラスは多くの産業分野で取り入れられている
・スマートグラスの可能性はさらに広まると考えられる

出典:MOVERIOで遠隔支援|スマートグラス|製品情報「エプソン」(https://www.epson.jp/products/smartglasses/enkaku/

関連記事